投稿者:

2017年度コース紹介-P3

今年度開講のコースとクラスについて順次紹介していきます。
体験やご入会を検討中の方はご参考になさってください。今回はP3コースです。


P3コースのレッスンについて

P3は小学生3年目のコースになります。小学生コースはP1からP6まで6年間のカリキュラムになっており、初級者は学年に関わらずP1からのスタートになります。2年生以上でスタートした場合、小学生のうちにP6 まで修了できなくなりますが、中学生になってもそのまま続けていただけますので、ご安心ください。実際、当教室ではP3コースに中学生の生徒さんも在籍しています。理解力が高い、小学校高学年・中学生の生徒さんには、通常のレッスン内容に加え、プラスアルファの課題や英検にも挑戦してもらっています。

Jpeg

P3では、算数・社会・理科を英語で学習していきます。画像は算数のレッスンの例です。1、2年目で身につけたフォニックスの知識をベースにした発展的な内容になっています。算数・社会・理科を学ぶのは、子どもたちにとって学校での活動が一番身近なものだからです。子どもたちにとって身近な内容を学ぶことで、興味を持って学習を続けれるプログラムとなっています。

Jpeg

エルモやセサミのキャラクターたちも引き続き登場。ナチュラル・スピードで話していますので、聞き取りの力を養成するのにも役立ちます。また、セサミの映像には、国や人種を超えて、様々な人たちが登場しますので、海外の文化に自然と触れることができます。

Jpeg

こちらはワークブックの例です。東進こども英語塾では、レッスン中はオール・イングリッシュで進行します。また、テキスト、ワークブックなどの教材も全て英語のみで書かれています。英語を英語のまま理解できるよう、日本語による解説はつけておりません。

国際化が進む中、これからは学校の英語の授業も英語で進行するようになっていきますので、小学生のうちから、英語での授業に慣れておくことは、中学・高校と進学していく際に大きなアドバンテージとなります。また、P4、P5、P6と進んでいくうちに、今後必要とされる、自分の考えを英語で伝える練習を積み重ねていき、使える英語力を伸ばしていきます。

なお、文法事項についても、レッスンの中で日本語で解説することはしていません。ただし、英検を受ける生徒さんについては、レッスンの前後や、ご家庭での学習時間を利用して対策できるよう、別途指導を行っています。


P3コースのスケジュール(2017年度)

木曜日 : 17:40~18:40(変更の可能性有り)

募集は行っておりませんが、5・6年生の英語学習経験者でご希望がある場合はご相談くださいませ。あと1名のみ編入可能です。目安として英検4~5級程度の英語力が必要です。

お問合せはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら
(東進こども英語塾公式ページが開きます)

※お申込みいただくと当日または翌日までにお電話(時間帯曜日などによりメール)でご連絡いたします。連絡がない場合はお手数ですが、お電話か当サイトのお問合せフォームにいてお知らせ願います。

広告
投稿者:

2017年度コース紹介-P2

今年度開講のコースとクラスについて順次紹介していきます。
体験やご入会を検討中の方はご参考になさってください。今回はP2コースです。


P2コースのレッスンについて

P2は小学生の英語学習経験者向けのコースになります。P1コースで身につけたフォニックスの基本から発展して、長母音や二重母音など、英語の音をさらに詳しく学んでいきます。同時に、フォニックスの規則に当てはまらないMystery Word(Sight Wordのことを東進こども英語塾ではこう読んでいます)も毎週1~2語覚えていきます。P2コースまでの内容をきちんと身につければ、中学校の英語の教科書をほぼ音読できるようになります。

Jpeg
レッスンでは映像を使用します。レッスンのポイントとなる発音や単語については、ネイティブ・スピーカーが話す音をお手本にしますので、きれいな発音を身につけることができます。

Jpeg

リーディングで使う教材は、東進こども英語塾オリジナルのストーリーです。子どもたちの大好きなエルモやビッグバードも登場し、楽しみながら読める内容になっています。ストーリーの中にはその日のポイントなる発音やMystery Wordが含まれるので、繰り返し読むことによって、レッスンの内容が定着します。

Jpeg

こちらはワークブックの例です。東進こども英語塾では、レッスン中はオール・イングリッシュで進行します。また、テキスト、ワークブックなどの教材も全て英語のみで書かれています。英語を英語のまま理解できるよう、日本語による解説はつけておりません。

先日保護者の方から、「家で宿題や復習をする時、親が日本語で説明する必要がありますか?」との質問を受けました。例えば単語の意味などは、小学生なら日本語で説明することによって理解が深まることもあるので、一概にNoとは言えません。ただし、翻訳のように英文をまるごと日本文に直して考えるのはNGです。せっかく英語で英語を学んでいるのですから、出来るだけ日本語を介さず英語を理解できるよう取り組んでみてください。

P2生なら音読ができるようになるのが一番の目標です。細かい文法を気にするより、自分の力で英語を読める楽しさを感じてみましょう!また、読む力がつくと、同時に聞く力もついてくるものです。当教室のP2修了生は、英検5級のリスニングでほぼ満点を取れる力が身についています。

 

P2コースのスケジュール(2017年度)

月曜日 : 17:40~18:40
土曜日 : 11:00~12:00

月曜日は定員まで残り1名です。2年生~4年生までを対象とさせていただきます。
土曜日は定員に余裕があります。3年生~6年生までと対象とさせていただきます。
(在籍生徒さんとの学年差が大きくなり過ぎないよう対象学年を設定しております。)

英語がまったく初めてというお子さんは、学年に関わらずP1コースからのスタートとなります。P2コースはご自宅や他の教室で英語学習の経験がある方のみ編入いただけます。目安は、アルファベットの読み書きができ、オールイングリッシュで簡単なやり取りができる(What is this? How many~?などの質問がわかる)ことです。

英検合格を目指す生徒さんも歓迎します。ぜひ一緒に楽しく英語を勉強していきましょう!

お問合せはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら
(東進こども英語塾公式ページが開きます)

※お申込みいただくと当日または翌日までにお電話(時間帯曜日などによりメール)でご連絡いたします。連絡がない場合はお手数ですが、お電話か当サイトのお問合せフォームにいてお知らせ願います。

投稿者:

2017年度コース紹介-P1

今年度開講のコースとクラスについて順次紹介していきます。
体験やご入会を検討中の方はご参考になさってください。今回はP1コースです。


P1コースのレッスンについて

P1は小学生初級者向けのコースになります。幼児コースは年齢別のクラス分けですが、Pコースからはレベル別のクラス編成になります。そのため、2年生以上でのご入会でも、英語学習未経験の方はP1コースからのスタートとなります。ただし、1年生と6年生など、年齢が離れ過ぎると習熟スピードの差も大きいので、最大でも3学年程度の幅で収まるように編成します。2017年度は1年生の生徒さんがすでにいらっしゃいますので、同じクラスへのご入会は3年生までの方が対象となります。

Jpeg

P1コースのメインキャラクター、マーシャンズ(The Martians =火星人)です。ユニークでおとぼけな二人(?)が毎回2文字ずつのアルファベットを紹介します。子どもたちにとても人気のあるプログラムで、楽しみながらアルファベットを覚えることができます。

Jpeg

こちらはテキストの例です。P1ではフォニックスのルールと同時に、アルファベットを書くことも学んでいきます。夏休みまでにアルファベットを全てマスターし、秋からは2音以上の組合せや、絵本のリーディングへと進んでいきます。東進こども英語塾では、レッスン中はオール・イングリッシュで進行し、テキスト、ワークブックなどの教材も全て英語のみで書かれています。英語を英語のまま理解できるよう、日本語による解説はつけておりません。

Jpeg

フォニックスのルールに当てはまらないSight Word(本などに出てくる頻度が高く、ひと目見て認識すべき単語)は、Mystery Wordとして別枠で覚えていきます。Mystery Wordは、特にしっかり覚えて欲しい単語ですので、繰り返しレッスンの中で使っていきます。

2020年度から順次実施される次期学習指導要領では、小学校5・6年生の英語が正式教科となっています。早めの時期に英語を始めておくことは、将来学校で英語を学ぶ際にも大きなアドバンテージとなります。セサミの教材で学びながら英語を好きになって、楽しく英語に取り組んでいける体制を作っていきましょう。


P1コースのスケジュール(2017年度)

月曜日 : 16:25~17:25

定員まで残りわずかです。1年生~3年生までの英語初心者を対象とさせていただきます。

お問合せはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら
(東進こども英語塾公式ページが開きます)

※お申込みいただくと当日または翌日までにお電話(時間帯曜日などによりメール)でご連絡いたします。連絡がない場合はお手数ですが、お電話か当サイトのお問合せフォームにいてお知らせ願います。